GK的ピーストのおはなし(16)行くと決める 2013/09/20

こんにちは!


ピーストメール金曜日
事務総長の岡空俊輔が
お届けいたします



先日の台風、
東京も雨と風がスゴかったですね


そんな中でも
苦労しながらも
いろいろな催しが
実行されていたようですね
FACEBOOKなどを眺めていると
この嵐の中で、
根性あるなぁ、なんて思ったり
知人のがんばっている様子が
見えて、楽しいですね


  ☆


さて、きょうは
そんな前降りにも関連して、
ちょうど、えみこさんと
昨日話していた話題について
触れてみようと思います


テーマは
「行くと決める」


きのうは週一回の
太極拳の日でした


えみこさんは
楊名時気功太極拳の師範の
免状を持っているのですが、
師範になる認定試験を
受けるためには
師範になるには
10年の経験が必要なのだそうです


師匠に厳しく
指導されていたことを
聞いていたので、
よく10年続いたね、と
聞いてみました


「行くことに決めてたからね」


人間関係のストレスや何やらで
通う電車に乗るのに
胃が痛くなっていたとまで、
聞いていたので、
その答えは、不思議にさえ思えます


さらに問うと


「人は苦手でも、太極拳は好きだから」


ふうむ


「行きたいと思って、
 好きな太極拳を学ぶと決めて
 入門したから、
 行かないという選択肢は
 そもそもない」


そ、そうなんだ



挫折経験の多い私は、
たいへん考えさせられました



結果の問題ではなく、
やると決めたことを、
とにかく、納得するまでやる
というスタンスが、
なにらかの結果をもたらす
ということは、言えるのでしょう

えみこさんの場合は
師範にまでなり、
他の運動指導にもそのエッセンスが
活かされています

継続は力なりと言いますし、
それを否定することなど
できません

でも続けるって難しいよね
とも思ってしまいます

半ば悩みながら、
えみこさんの思考と行動を
トレースしてみました



すると、
以前にも紹介しましたが
平和戦略塾で講師をお願いした
メンタルコーチの馬場真一さんの
「状況は変えられないけれど、
 状態は変えられる」
ということばが思い出されました


ものごとを進める上で、
障害のないことはまずありません


しかし、
ものごとのどこに
フォーカスするかによって、
障害と思われることも
些末に感じることができる


さらに、フォーカスする部分が
好きなこと、やりたいこと、
ならば、行かない理由は
なくなってしまうんですね


なんて、ピースト的なんだ!
氣がついて、ちょっと
感動しました(笑)


えみこさんは、
「大好きな太極拳」に
フォーカスしていたのでしょうね


また、妻に学びました


あなたも
参考にしてみてくださいね



  ☆


来週24日(火)の15時〜
湯島パンダスタジオにて
ピーストライブが開催されます

http://www.reservestock.jp/page/event_series/3546

今回は、
スペシャルゲストをお招きします


この方はまた半端なく
好きなこと、興味のあることに
まっすぐに突き進んでいく方ですよ


じゃこめてい出版の石川編集長をお招きして
上梓されたばかりで、注目される
『99歳 ちりつも ばあちゃんの幸せになる ふりかけ』
の編集にまつわるお話しや、
そうした興味の源泉などにも迫ります
めちゃくちゃ面白くなりそうです
どうぞ、お出かけください

http://www.reservestock.jp/page/event_series/3546

今日も最後まで読んでくださって
ありがとうございました


今週もおつかれさまでした
素敵な週末をお過ごしくださいね

では、また来週





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


パートナーシップを考える
ステップメール好評です
ありがとうございます

「妻に愛され、男を上げる 100のかんたんな方法」

パートナーシップの質をアップするためのエッセンスを
ばっちり100項目お届けします

男性はもちろん、女性のみなさんには
不可解な男心を知る機会にもなると思いますので、
どうぞ、気軽に登録してみてください

よろしくお願いいたします

ご登録はこちらです
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.reservestock.jp/subscribe/8928




この記事に対するあなたの感想をお待ちしております。

フェイスブックにて感想頂くか、
http://www.reservestock.jp/subscribe/9790#kansou

このメールに感想を返信頂ければ幸いです。


メルマガバックナンバー, 岡空 俊輔