GK的ピーストのおはなし(14)受け取り上手 2013/09/06

こんにちは!



ピーストメール金曜日
事務総長の岡空俊輔が
お届けいたします


きょう、
配信が遅れました
お昼のひととき、
ゆるゆる
おつきあいくださいませ



きのう、
私のクライアントや友人を
お招きして、
私のオフィスでカレーパーティを
開きました


おいで下さったみなさん、
ありがとうございました
楽しかったですね


パーティの中での話題
家庭でのできごと


ご主人が遅い時間に帰宅、
子どもと一緒に眠ってしまった
奥さまを起こすまいと、
用意してあった食事を
温め直して食べ、
一息ついてテレビを見ていると
奥さまが起きてきて、
なんで起こしてくれなかったの?
と、少し不機嫌
どう切り返したらいいか困った、と
いう話がありました


なんとなく、
食い違いのあるシーン、
あなたは、
経験ありませんか?


ご主人も、奥さまも
相手のことを
気遣っているのに
食い違ってしまうなんて
どうしたらいいのって、
感じですよね


  ☆


そのことについて
帰りの電車で
えみこさんと話しました


えみこさん曰く、

「親切は受け止めてくれる
 相手がいないと
 成立しないのよね」


なるほど!そうですね


「ありがとう、
 自分でやってくれたのね」

「一日ご苦労さま、
 つかれてるだろ
 そのまま寝ていてもいいよ」


そんなふうに
ご主人は、奥さまの
奥さまは、ご主人の
自分を氣遣う氣持ちを
受け止めることができたら
ハッピーですよね


  ☆


「ほめられ上手」という
ことばがあります


えみこさんは、かなりの
「ほめられ上手」です


例えば、講演先に入って、
担当者に

「きょうお召しの
 ピンクのシャツすてきですね」

と、お世辞かもしれませんが
言われたとします


「いえいえ、そんなこと…」
謙遜も含めて、そう応えてしまう方も
いるかもしれませんね


でも、


「ありがとうございます
 笑顔が明るく見えるねって
 言ってもらったことがあって、
 それ以来、氣にって着てるんです
 ほめていただいて嬉しいです
 きょうも喜んでいただけるよう
 しっかりやりますので、
 よろしくお願いいたします」


こう応えたとしたら、
担当者の氣持ちもいいはずですね
おそらく、次のアクションに
すーっと氣持ちよく
移行できるだろうと
想像できます



お世辞であったとしても、
何氣ない一言であったとしても、
それをきちんと受け止めると、
相手の思いやことばが、
宙ぶらりんにならない、
完結する、というわけです


そして、
そんなに喜んでくれるなら、
また、喜ばせてあげようかな
などと思うのが、
多くの人の習性です


テクニックとしても使えますが、


できれば、
素直に受け止めて、
受け止めたことを伝える
習慣をもつといいですね


コミュニケーションを
円滑にしてくれるばかりでなく、
相手を喜ばせ、
関係を発展させてくれる、
相手の思いを受け止める習慣


私もぜひ、
身につけたいと思います


また、妻に学びました









パートナーシップを考える
ステップメール好評です
ありがとうございます

「妻に愛され、男を上げる 100のかんたんな方法」

パートナーシップの質をアップするためのエッセンスを
ばっちり100項目お届けします

男性はもちろん、女性のみなさんには
不可解な男心を知る機会にもなると思いますので、
どうぞ、気軽に登録してみてください

よろしくお願いいたします

ご登録はこちらです
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.reservestock.jp/subscribe/8928




この記事に対するあなたの感想をお待ちしております。

フェイスブックにて感想頂くか、
http://www.reservestock.jp/subscribe/9790#kansou

このメールに感想を返信頂ければ幸いです。


メルマガバックナンバー, 岡空 俊輔