こちら参謀本部です 2013/09/25

一般社団法人 平和戦略会議 参謀長の小川景久です。


昨日はピーストライブでした。

ゲストはじゃこめてい出版の石川編集長。

兄弟会社である、めたもる出版で「唐揚協会のつくり方」も出版されています。

今回は「99歳ちりつもばあちゃんの幸せになるふりかけ」の出版を記念しての出演です。


「ばあちゃんの智恵」というとライフハック的な裏技集かと思いきや、

この本は見事に予想を裏切ってくれます。

人生をもっと豊かに生きる智恵を授けてくれるんです。

村の長老、っているでしょ。

なにかスゴいスキルを持っているってわけでもなく、

ただ縁側に座っているだけで、みんなが相談に来たりして。

ただそこにいるだけで安心や安らぎを与えてしまうようなね。

この本は「あなたの心の長老」となるような本です。



つい感情に振り回されてしまう、とか。

もっと人に優しくありたい、とか。

もっと自分に自信を持ちたい、とか。

もっと人を包み込める人になりたい、とか。

もっと人に慕われるようになりたい、とか。


そんな人には特にオススメです!

いやー、それにしても石川さん、よくこれを一冊の本にまとめたなぁと感心いたします。

出版を考えている方は彼に相談するといいですよー!




さて孫子の「天」のお話でしたね。

前回、宿題を出しましたが覚えてらっしゃいますか?

「あなたの今までの人生経験のうちで、

 迷いなく決意した経験、そしてそれがどのように展開していったか」

でしたね。



迷いなく決断したことやピンときたことって、

けっこうスイスイと展開していくことがよくあります。

そんな経験を思い返してみてください、というお話でした。



これが「天」の働き。

天がもたらすタイミングの力なんですね。

あなたにもきっとそんな経験、あるはずです。



さて、そのタイミング。

どうやって見極めるの?

という質問をいただきました。


これはね、

やはりまず「道」です。

自分のしたいことをはっきりさせるんです。

はっきりすれば、それがチャンスなのかどうかが分かります。


あとはね、





「流れ」





「流れ」なんです。

ものごとの流れ。

これは予測に役立ちます。

予測ができると心の準備がしやすくなりますね。


状況の変化を観察していると、

「あー、こっちへ流れてるなぁ」

って感じるでしょ。


「こうなりそうだな」

って予測がつくでしょ。

そうすると心の準備ができるでしょ。


まぁそういうことです。


流れを読むには、

今までの経緯や経過をしっかり見つめることです。

スルーせずに、

しっかりかみしめるんです。


そうするとですね、

なんとなく「流れ」が分かってくるんです。


もう少し視野を広げて、

長いスパンでの振り返りをしてみるとね、

たとえば自分の人生とか。


しっかり振り返ってみると、

おおきな流れが見えてきます。

他に発見できるものには、

「パターン」がありますね。


「いつもこうなるんだよなー」

「どうして毎回同じことになるんだろう」

みたいなやつね。


自分の持っている固有のパターンが見えてくるんです。

これが分かってくるのも面白いです。

自分という人間がどういう生き物なのかが、

理解が深まります。

これは自分の「道」をはっきりさせるのにも役立ちますね。



さて、「流れ」

これを意識することで、

「天」の働きの輪郭が見えてきますよ。

というお話でした。



では、続きは次回にて!

今回も読んでいただきまして、本当にありがとうございました。

次回もどうぞよろしくお願いいたします。




【お礼】

前回お知らせしたスウェットロッジですが、

メルマガの読者さんからも参加の要望をいただきました〜!

興味をもっていただいてすごく嬉しく思います。

ありがとうございます。

次の開催も決まりましたらお知らせさせていただきますね。


☆ お客様の声
http://www.reservestock.jp/page/user_recommend/1503


この記事に対するあなたの感想をお待ちしております。
http://www.reservestock.jp/subscribe/9790#kansou


メルマガバックナンバー, 小川 景久