こちら参謀本部です 2013/07/17

一般社団法人 平和戦略会議 参謀長の小川景久です。

暑いですね。
セミの声が聞こえ始めました。
いよいよ夏ですね。

先日、うちの奥さまとショッピングに出かけたら、
どこからかチリン、チリンと風鈴の音が聞こえてきました。
この音を聞くだけでも体感温度が下がります。

欲しいなぁ、風鈴。

結局買わずに帰ってきましたが、風鈴の動画観ながら涼んでます。

(こんなの → http://youtu.be/zZuIPQ6NmB4


ところで我が家では今、漫画ブームです。
「蒼天航路」というコミックです。
三国志ってあるでしょ?
その中に出てくる曹操孟徳。
彼が主人公。

普通の三国志では曹操は悪者ですよね。
映画「レッドクリフ」でもヤな奴でしたね。
でもこのコミックでは主人公。主役。

けっこうイイ奴なんです。
しかも強いし、頭良いし、イケメン。
その曹操が愛読していたとされる書物をあなたはご存知ですか?

それは「孫子」と呼ばれます。
約2,500年前にいたとされる軍師・孫武が著者といわれる兵法書です。

2,500年前ですよ。
ということは聖書より以前からあるわけでして(!)
「世界一のロングセラー」と呼ばれています。
曹操の敵役でもある諸葛亮孔明も愛読していたとされています。

これって、すごいことなんです!
2,500年もの間、読まれる本なんて。
あなたの知っている本で、それだけ長く読まれそうな本ってありますか?
これだけ長く読まれるということは、何か理由があるはずです。

それは何でしょうか。
最新の情報?
いやいや、それじゃ時代が過ぎたら賞味期限が切れてしまいますね。
ということは時代が過ぎても価値のあることが書かれているに違いありません。

普遍的なこと。
本質的なこと。
抽象的なこと。

きっと、そういう内容でしょう。
じゃなきゃ、2,500年も保ちませんから。

ところで「孫子」は兵法書です。
兵法書ということは戦争の勝ち方について書かれているわけです。

ところがところが。

「孫子」のすごいところ。
他の兵法書と違うところ。

「できれば戦わない方がいいんだけどねー」

なんて言ってるんですよね。
兵法書なのに。

不思議ですよね〜

ちなみに、僕のキャッチフレーズでもある「戦わずして勝つ」は「孫子」から拝借しています。

興味が湧いた方は、僕のメルマガも合わせて読んでいただくと分かりやすいかもです。
「戦わずして勝つ」通信 → http://www.reservestock.jp/subscribe/6036

さてさて、ロングセラーの秘密やら戦わずしてかつやら、何だか「とんち問答」みたいな様相を呈してきましたが、
次週からはこの「孫子」について少しづつ謎解きをしていきたいと思います。

ちなみにピーストライブでも孫子にからめたテーマを開催しますです☆
こちらもぜひぜひライブで参加してくださいな。
生だとやっぱり違いますからっ!

「スモールビジネスと平和戦略」 → http://www.reservestock.jp/events/18326

ではでは、あなたも平和な一日を!

お客様の声
http://www.reservestock.jp/page/user_recommend/1503

この記事に対するあなたの感想をお待ちしております。
http://www.reservestock.jp/subscribe/9790#kansou


メルマガバックナンバー, 小川 景久